アップル本社のMac OS X Leopard説明会に行ってきました

今日はアップル本社でのMac OS X Leopardの説明会に参加してきました。
第二回Start Mac体験モニターの修了式も兼ねています)

台風20号で雨足が強まる中,初台の東京オペラシティに向かいます。
ここの32Fに,アップル社のセミナールームがあるんですね。
この場所に来るのは,ワタシ達の第一回Start Mac体験モニター修了式以来,久しぶり。

Leopardデモ
Leopardデモの始まりです!

プレゼンターは,モニター期間中に何度もお世話になった櫻場さん。
櫻場さんは,Mac OS Xのプロダクトマネージャーさんです。

13時半前から始まった説明会は,約1時間の内容でした。
いくつか気になったところをメモ。

Mac OS Xの歴史
LeopardはMac OS Xの6世代目にあたるんですね

・全世界26日の18時から同時発売。
時差の関係で日本は比較的早く手にすることができたそうな。
実は一番早いのは,オーストラリアのシドニーとか。

・メニューバーが半透明に,Dockが3D化して鏡面的なエフェクト
このDockのこだわりように会場は「ここまでヤル?」と笑いに包まれました(笑)
もうAppleったら!みたいな愛情ある笑いでもあり。

・Finder+キーボードSpaceキーで「Quick Look
Windowsでも搭載されているプレビューですが「アプリを立ち上げなくても」中が見れるんですね!
しかもエクセルやワードなど,アプリ本体がインストールされていなくても「OSレベルで」Quick Lookできてしまうのがすごい所です!

・新機能のSpaces
デスクトップ画面を最大4×4の16画面まで仮想表示できます。
が,今ひとつ使う場面や用途が思いつかず・・・(^^;

・機能が充実したMailアプリ
クールなテンプレートを使ったhtmlメールの作成や,メモ機能やToDo機能,iCalとの連携など。
RSSリーダ機能も搭載して,作業の大半をすごすMailアプリの中がさらに便利になったということです。

・SafariでWebクリップ
Safariの「Webクリップ」ボタンを押して必要な範囲を選択すると・・・
Dashboardウィジェットが作成されます。
またその背景にもMacならではの妙なこだわりがあり,場内はまた愛のある笑いに(笑)

・「日本語の」辞書機能が搭載される
前のバージョンTigerでは英英辞典が2つありましたが,Leopardでは小学館とタイアップしたそうです。
・大辞泉
・使い方の分かる類語例解辞典
・プログレッシブ英和中辞典
・プログレッシブ和英中辞典
・そしてNETならではのWikipedia
との連携で,すべてを串刺し検索が可能なのがスバラシイです。
しかも表示された辞書の内容の言葉それぞれにも,また検索先がハイパーリンクされています。
次から次へと知的欲求が満たせられ,櫻場さんいわくこれで5時間は遊べる,とか(笑)

・かなり進化したiChatの機能
場内が盛り上がったプレゼンでした。
アップル本社オフィスにいるスタッフとビデオiChatしたのですが,相手のデスクトップをリモート操作したり,相手のファイルを自分にコピーしたり,プレゼンのドキュメントを共有したり,背景だけを変えて遊び心タップリだったり・・・
とにかくLeopardをインストールしたらすぐにでも試したい機能がテンコモリでした。
LeopardのiChat
・・・まずはMac使いの相手を探さにゃいけませんが(^^;

・転ばぬ先のTime Machine
Leopardに標準搭載されたバックアップ機能ですね。
過去24時間の1時間ごと,それより過去の毎日ごとを1か月分,それより前はバックアップ先のディスク容量いっぱいまで毎週分を,ユーザーが意識することなく自動保存します。
本体のHDDクラッシュを踏まえて,基本的に外付けのHDDが保存対象先だそうですが・・・
実は裏技?も(後述)
ちなみにTime Machineを起動すると,例によってこだわりまくりの操作画面になるのですが,バックアップイメージのはるか先に見える真っ白な恒星の様な物体。
LeopardのTimeMachine
櫻場さんいわく,これはアップルのデザイナーさん達が「ホワイトホール」をイメージして作成したそうです。なるほど~(^^)

と,こんなところです。

このエントリを書いていて,それぞれの機能をアップルのウェブサイトにリンクを貼っていたのですが・・・
要はLeopardの紹介ページの「新機能」に出てくる項目を紹介いただいたわけですね。

でも,ウェブサイトで写真をみて文章を読むのと,実際に目の前で開設されながら操作されているデスクトップ画面を見るのとでは,感動がまったく違います。

まさに百聞は一見にしかず。
これはLeopard,すぐにでも導入したくなりました!!

・・・と,ここで櫻場さんからちょっと焦り気味に?サプライズが発表。

「このMac OS X Leopardを,今日お持ち帰りいただきます」と。

!!!
場内大拍手です。

ただその後で訂正が入り,今日Leopardをお持ち帰りいただくのは「あくまでモニターメンバーのみ」との事。
でもゲストで参加した皆さんも,Leopardの素晴らしさをアップルのスタッフ直々に,アップル本社でデモしていただく機会はそうそうないでしょうから,これはこれですばらしい体験だったと思います。

説明会の後は,ブロガーのみなさんが集まっての懇親会でした。

毎度おなじみの,DEAN&DELUCAのケータリングです。

DEAN&DELUCA

美味しいシャンパンやワインを飲みつつ,久しぶりにお会いしたモニターメンバーの皆さんとMac談義に花が咲いたのでした。
ワタシが持っていったiPod touchも大活躍でした!?(笑)

朝之丞さんからは,ワタシのムスメにと仙台アップルストアのステキなTシャツをいただくという嬉しいサプライズもありまして。(ありがとうございます~!)

設置されていたiMacにも,もちろんLeopardが搭載されていて自由に触れる事ができました。

Lepard on iMac

やはり自分で触ると,またいろいろと発見があって面白いです。
アップルのスタッフの方とも直接お話できました。

・Time Machineは(アップルの推奨ではないという断りつきで)パーティションを切った内蔵HDDにもバックアップが可能
・Leopardの「環境設定」アイコンは,iPod touchやiPhoneの環境設定と同じデザイン
・モバイルポータブルなMacBookは・・・「出ると良いですよね」というお返事(笑)
・日本語辞書機能の搭載で,こんなスクリーンセーバーも

Word of the Day
"Word of the Day"スクリーンセーバー
厳選されたその季節折々の言葉が,美しいヒラギノ明朝の書体で流れるように表示される,見て楽しむスクリーンセーバです。画面に表れた言葉の意味をより深く知りたくなったら,キーの一押しですぐに辞書が起動します。季節の移り変わりとともに,さまざまな言葉との新鮮な出会いを体験してください。(ウェブサイトより)

実に充実した,2時間半でした!!

ただ,この「Start Mac体験モニター」は今回の第二回で当面は修了するとの事。
同時に,こういった形でモニターメンバーを一堂に会してイベントを行うもの最後だそうです。

なんだか,とても寂しい・・・。

懇親会終了後は,モニターメンバーの;

はるちー備忘録blogのはるちーさん
iPod nanoなの。のしゅん爺さん
F20RC de PhotaringのHiroHeroさん

と一緒に,オペラシティの地下にあるHUBで一杯いきました。

iPods!
しゅん爺さんのiPhoneと集まったiPodシリーズの数々(笑)

久しぶりの集まりで,blogにMacの話題にまた楽しいひと時を過ごしました。
ありがとうございます!!

・・・さて明日は公休。
さっそく持ち帰ったLeopardを,iMacにインストールしてみることにします。

Leopard

とりあえずバックアップから,かな・・・??

"アップル本社のMac OS X Leopard説明会に行ってきました"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]